APS 行きます!

APS ロゴに移動

2013年、アーリントン公立学校は APS Go! 地区の包括的かつ長期的な交通需要管理(TDM)計画として。 計画に記載されているように、 APS Go! の輸送ニーズを積極的に評価し、対処するための学区の取り組みの一環です。 APS コミュニティ、成長と需要に対応し、先進的な輸送プログラムを開発します。 ザ・ APS行く! TDM計画は、コミュニティ全体の学校主導のプロセスを通じて開発されたものであり、この種の国内初のイニシアチブです。 それはの輸送ニーズに焦点を当てています APS 学生、家族、スタッフは、周辺にあるコミュニティの幅広い関心を考慮しながら APS サイト。

交通需要管理は理解に焦点を当てています 人々が交通手段をどのように決定するか 及び 人々の使用を助ける 交通機関、ライドシェアリング(カープール/バンプールなど)、ウォーキング、サイクリング、スクールバスのためのインフラストラクチャ。 ザ・ APSTDM計画には、情報、励まし、インセンティブのプログラムが含まれています。 APS コミュニティは、システム内のすべてのモードを最適化するためにすべての輸送オプションを知っており、使用しているため、運転の代替手段が自然に奨励され、システムのバランスが改善されます。 複数の交通手段(徒歩、自転車、スクールバス、トランジット、車両)に旅行を分散させることで、利用可能な交通ネットワーク全体(歩道と歩道、スクールバス、トランジット、自転車レーン、道路)を学校の旅行に活用できます。 。

XNUMX年ごとに APS TDMの目標に向けた進捗状況を評価するために、家族、スタッフ、学生に輸送の決定について調査します。

読む APS Go! 計画

APS スタッフは引き続き教育委員会、保護者、生徒、コミュニティパートナーと協力して、 APS 行きます! のようなイニシアチブによるマスタープラン 学校への安全なルート のようなプログラムとプロジェクト 2019バス輸送サービスレビュー.