ライフガードトレーニングと水安全コース

ライフガードトレーニング |水安全指導員 | ライフガードインストラクター 
ライフガード-web_0

ライフガードのトレーニング

 

今採用

ライフガードと水泳インストラクター

アーリントン公立学校のライフガードプログラムは、全国的に認められたアメリカ赤十字ライフガードプログラムのトレーニングを提供します。 このコースでは、15歳以上の個人に、プールでの水泳の緊急事態を防止して対応するために必要な概念とスキルを紹介することにより、プロのライフガードになる準備をします。 クラスの参加者は、最後のクラスの日付の15歳以上である必要があります。 教えられるスキルには、水の救助、心肺蘇生法(CPR)、自動体外式除細動器(AED)の使用、および応急処置が含まれます。 成功した参加者は、ライフガードトレーニング、専門救助者のためのCPR / AED、応急処置でアメリカ赤十字社の認定を受けます。 これはスキルベースのトレーニングクラスであるため、参加者はすべてのクラスセッションに参加する必要があります。 例外はありません。

ライフガードトレーニングに参加するには、個人は次のことができる必要があります。

  • 300ヤードを継続的に泳いで、呼吸制御とリズミカルな呼吸を継続的に示します。 受験者は、フロントクロール、平泳ぎ、または両方の組み合わせを使用して泳ぐことができますが、背中または側面での泳ぎは許可されていません。 水泳用ゴーグルを使用できます。
  • 足だけを使って2分間水を踏みます。 候補者は脇の下の下に手を置く必要があります。
  • 時限イベントを1分40秒以内に完了します。
    • 水から始めて、20ヤード泳ぎます。 顔は水の中にあってもなくてもよい。 スイムゴーグルは許可されていません。
    • 7ポンドのレンガを回収するために、フィートファーストまたはヘッドファーストで水深10から10フィートの水面ダイビング。
    • 水面に戻り、背中を20ヤード泳いで開始点に戻ります。両手でオブジェクトを持ち、顔を水面またはその近くに置いて、息を吸うことができます。 候補者は水中で遠くを泳ぐべきではありません。 はしごや階段を使わずに水を出てください。

ブレンディッドラーニングクラス:   トレーニングセッションは、アメリカ赤十字社のブレンディッドラーニングカリキュラムに従います。 学生は、プレコースセッションを正常に完了した後に提供されるホットリンクを使用して、オンラインでかなりの量のクラス作業を完了することができます。

注意:コースを実行するには、8人以上の参加者が必要です。

コース料金:$ 50

2022-2023クラススケジュール

ヨークタウン プール ウィンター セッション 

17 月 10 日(土)午前 00:11 ~ 午前 30:XNUMX プレコース

月曜日~金曜日 19月23日~9日 午前00時~午後3時

登録:

ライフガードクラスに登録するには、 APS Aquaticsセルフサービスポータル 「登録」タブを使用するか、をクリックして ここに。 

水泳インストラクター–今すぐ採用!

APS Aquaticsは現在、新しく経験豊富な水泳インストラクターを採用しています。 無料のトレーニングが利用可能であり、資格に応じてすぐに配置されます。 ヘレナマチャド(703-228-6264)または電子メール( helena.machado @apsバージニア州 スケジュールと面接に。