資本改善計画(CIP)

XNUMX年ごとに、教育委員会は以下に対応する資本改善計画(CIP)を採用します。 APS CIPには、新しい学校や学校の追加などの主要な資本プロジェクトのほか、主要なメンテナンスプロジェクトや小規模な建設プロジェクトが含まれます。

COVID-19パンデミックによって引き起こされた不確実な環境と経済的および運用上の課題に応えて、アーリントン公立学校(APS)2021年度のCIPプロセスへのアプローチは、2021年春の長期暫定CIPに続いて、10年間のCIPで不可欠な資本ニーズのみに対処することにより、郡のアプローチと一致します。通常の2021年間のCIPからのこの逸脱により、限られたリソースを効果的に使用して容量を追加し、既存の施設を維持および改善し、生徒が学び、繁栄できる安全で健康的で支援的な学習環境を引き続き計画します。 2022年度のCIPを採用するにあたり、教育委員会は、教育長のフランシスコデュラン博士に、将来の登録者数の増加と施設のニーズを引き続き計画するXNUMX〜XNUMX年間のXNUMX年度の暫定CIPを準備するよう指示しました。

  2021年度の資本改善レポート  には、2021年度のCIPを採用するという教育委員会の動議(付録Aを参照)と、承認されたすべてのCIPプロジェクト、そのコスト、および債券発行のタイムライン(8ページを参照)の概要を示す表が含まれています。

20年度採用21資本改善計画

2020スクールボンドFAQ  I  ボノエスコラー2020  | 2020የትምህርትቤትቦንድ  |  2020年оныСургуулийнбонд  |  2020نداتماليةمدرسيةلعامXNUMX

CIPの開発方法の詳細をご覧ください


以前のCIP

2019〜2028年度 資本改善計画

2017〜2026年度 資本改善計画

2015〜2024年度 資本改善計画

2013〜2022年度 資本改善計画

2011〜2016年度の資本改善計画

2009〜2014年度の資本改善計画

2007〜2012年度の資本改善計画