コミュニティ·エンゲージメント

XNUMX月のシンポジウムpngチラシ

自殺ホットライン

黒人歴史月間(公式メーカー)

私たち自身のArronGregoryは、黒人歴史月間で表彰されています!

テイラーの第11回アフリカ系アメリカ人の読み聞かせ。 これをクリックしてビデオをチェックしてください リンク.

APS アーリントン郡と提携し、人種と公平性に関する対話のために人種差別に挑戦

アーリントン郡と提携しているアーリントン公立学校と 人種差別に挑戦は、学生と家族に、アーリントンコミュニティアンケートの人種と公平性に関する展望を完了するように要求しています。 コミュニティアンケートは、アーリントン郡の新しいものの一部です 人種と公平(DRE)イニシアチブに関する対話 アーリントンの人種平等を改善するためのより広範な取り組み。

学生と家族は、コミュニティアンケートに回答して、アーリントンコミュニティの体系的な人種と公平性の問題について、個人の経験、背景、洞察、意見、人種と公平性に関する信念に基づいてフィードバックを提供することをお勧めします。 コミュニティアンケートは、31月XNUMX日木曜日までオンラインで利用できます。アンケートの記入に興味がある場合は、次のリンクにアクセスしてください。 https://www.surveymonkey.com/r/G9YWWP9.

今後数か月にわたって、アーリントンはXNUMXつの重点分野でさまざまな対話を主催します。

  • コミュニティのDREアーリントンの住民は 小さなインタラクティブな仮想会話にサインアップする アーリントン郡の人種と公平性について学び、話し合うために近所の人たちと。
  • 一緒にDRE –郡は、アーリントンの非営利団体、市民団体、信仰団体、企業などのパートナーを招待して、独自のネットワーク内や他の組織とのインタラクティブな会話をホストしています。 DREパートナーは、ファシリテーターのトレーニングと対話のリソースを受け取ります。 今すぐサインアップしてパートナーになりましょう。
  • あなたの近所のDRE –今年後半に開始され、コミュニティでの隣人同士の会話が容易になります

話そう:人種に関するコミュニティディスカッション

アーリントン公立学校がバーチャルを主催 「Let's Talk:レースに関するコミュニティディスカッション」 上のイベント 6月の月曜日22。 このイベントは、 レースに関する共同声明 月の初めに教育長と教育委員会によって発行されました。 バーチャルイベントには、学生、スタッフ、コミュニティメンバーが人種と公平性について有意義な議論を行うためのパネルディスカッションとQ&Aが含まれていました。 これは、今後数か月にわたる人種に関する一連の進行中のコミュニティディスカッションの最初のものでした。

Let's Talkイベントシリーズは夏まで続き、特に学生向けの追加イベントがあり、問題を特定して変化を提唱するための解決策を作成できる形式で現在のイベントについて話す機会を学生に提供します。

Let's Talk Summer Student Series

Let's Talk Summer Student Seriesは、アメリカの人種関係についてのコミュニティと学生ベースの会話のシリーズです。 「レッツトーク:人種差別に関するコミュニティディスカッション」イベントはシリーズの始まりであり、アメリカの人種関係と学校制度への影響について保護者が生徒に話しかける方法に焦点を当てた勇気ある会話のためのコミュニティフォーラムでした。 Let's Talk Summer Student Seriesは、問題を特定し、変化を提唱するための解決策を生み出すために、生徒の声に力を与えることで学生のリーダーシップを養うことを目的としています。 シリーズのすべてのセッションは、現在のイベントについてのテーブルトークと家族の会話の方法をモデル化するように設計されます。

すべてのセッションは仮想的に開催され、仮想イベントへの招待は参加者にメールで送信されます。

セッション#1-話しましょう:あなたの心には何がありますか?
日付: July 8, 2020

すべての生徒に批判的に考えるように挑戦するために、共感の感覚を植え付け、生徒が互いに同盟者として行動するように力を与えます。 彼らが理解したことだけでなく、経験を内部化して統合することができることを反映する時間。 出会いから生まれる感情や考えを探求し、明確に表現できること、そして結果として自分自身の成長と発達を認識することができること。

セッション#2 –話そう:茶色の肌と青いユニフォーム
日付: July 22, 2020

  • グループA(12〜15歳):午前11時30分〜午後12時30分
  • グループB(16〜21歳):1〜2 pm

アーリントン公立学校は、アメリカの人種関係についてのコミュニティと学生ベースの一連の会話である「レッツトークサマースチューデントシリーズ」を発表できることを嬉しく思います。 シリーズの次のセッションは、22年2020月12日の「Let'sTalk:Brown Skin&A BlueUniform」です。このイベントは21〜XNUMX歳の学生を対象としています。学生は、全国の警察署内の人種と制度的人種差別の問題を探ります。 。 アーリントン郡警察署の学校資源担当官(SRO)が参加し、学校コミュニティをどのようにサポートしているかを共有し、生徒からの質問に答えます。

イベントに参加する前に、次の資料を確認することをお勧めします。

  • 黒人警察官の視点:アルトン・スターリング、フィランド・カスティールの死についてコメントし、米国の黒人警察官であるXNUMX人の黒人警察官
  • 警察が警察と人種に関する問題をどのように見るか:警察官は、黒人に対する彼らの扱いが公正であるかどうか、なぜ黒人に対する差別の証拠があると信じていないのか、そして黒人警察官であるとコメントしています。
  • レース中の警察との会話:この短いドキュメンタリーでは、元警察官がアメリカでの警察と人種に対する彼らの考えを共有しています。 過去数年間、人種に関する警察についての議論は熱狂に達しました。 フィランドカスティーリャ、アルトンスターリング、フレディグレイ、マイクブラウン、エリックガーナーの警察官の手による死がありました。 これはXNUMXつの動きを始めました。 ブラックライブマターとブルーライブマター。

セッション#3 –話しましょう:ソーシャルメディアを使用して社会正義のために戦うにはどうすればよいですか?
日付: 8月5、2020

このXNUMX時間のセッションでは、ソーシャルメディアで何が機能し、関心のある原因にそれらの洞察をどのように使用できるかを生徒が探求します。 すでに興味を持っている原因についての学生の生来の好奇心を利用し、注目を集めているソーシャルメディアの例を利用し、それらの例から使用できるレッスンを抽出し、学生に自問自答するよう促します。 「ソーシャルメディアを使って社会正義のために戦うにはどうすればよいでしょうか?」

パネル:

  • アーリントン公立学校、チーフダイバーシティ、ダイバーシティ、エクイティ&インクルージョンオフィサー、アロングレゴリー
  • Ximena Hartsock、創設者兼CEO、Phone2Action
  • 正義のためのアーリントン、共同創設者、ヨランデクウィナナ
  • エフィシオナド、創設者兼CEO、エリックJ.トロイ
  • モデレーター:Lynn Borton、ホスト、「Choose to be Curious」WERA 96.7 FM

学生の参加者は次のことを行います。

  1. 気になる原因をサポートするためにソーシャルメディアを使用して多くの成功を収めてきたXNUMX人の人から聞く
  2. 効果的なソーシャルメディア戦略を特定して分析する
  3. 彼らが学んだ教訓を社会正義に適用する

準備してください!

  1. あなたの注意を引き付けた、またはあなたを好奇心をそそったソーシャルメディアの例を選んでください。 その例をセッションに持ってきて共有してください。
  2. 始める前にもっと読みたいですか? 以下の成功事例をご覧ください。
    1. 青年気候活動家
    2. #BlackLivesMatterをハッシュタグ以上のものに変える
    3. パークランドから日の出へ:並外れた青年活動の年

チーフダイバーシティ、エクイティ、インクルージョンオフィサーのアロングレゴリーに連絡する(703-228-6269または arron.gregory @apsバージニア州.