すべての学生成功法(ESSA)

世界 すべての学生成功法(ESSA)、2015年XNUMX月に署名、修正 小・中等教育法 そして、 2001年の法の後に残された子供はいません(NCLB)。  国家は NCLB 2016-17年度の要件とすべての規定 ESSA 2017-18学年度に発効します。 主な変更点を以下に説明します。

からの主な変更点 NCLB

  • 意思決定、基準と評価の選択、目標、および説明責任の手段をより多くの権限で規制されている州
  • 多くの要件の実施を担当する州(教育省の規制による)
  • AYP、AMAO、HQT、100%の習熟度要件、SESが廃止されました

定義の変更

  • 中心的な学術科目を総合的な教育に更新
  • 科学的に研究に基づいて、証拠に基づいて更新
  • 高度に修飾され、高度に効果的
  • Parent EngagementがParent and Family Engagementに更新されました
  • 英語学習者(ELL)を英語学習者(EL)に更新

説明責任と報告

州の考慮事項

  • 各レポートグループのパフォーマンス目標を含む
  • 毎年学生の成長を測定します(または別の有効で信頼できる州全体の学術指標)
  • 有意義な差別化を可能にする、学校の質または生徒の成功を示すもうXNUMXつの指標が含まれます
  • 3年生から8年生では毎年英語能力を測定し、高校ではXNUMX回測定する
  • XNUMXつの追加のレポートグループが含まれています:ホームレスステータス(統計的に有意な場合)、軍事関係にある子供、里親の学生
  • XNUMXつのレベルの改善(包括的なサポートと改善、対象を絞ったサポートと改善)

地区に関する考慮事項

  • ELの説明責任は2017-18年まで凍結
  • 連邦、州、および地方の資金に対する生徒一人当たりの支出を報告する

教師の資格と有効性

州の考慮事項

  • 州の計画は、すべての教師と副専門家が州の認定とライセンス要件を満たしていることを保証します
  • 新しい教師、校長、学校指導者アカデミーを創設
  • 新しい教師研修プログラムを作成します

地区に関する考慮事項

  • パーソナライズされた継続的なジョブ組み込みアクティビティを確実にするために更新された専門能力開発の定義
  • 教師と校長の公式の準備、採用、維持のためのタイトルIIの資金は、20年間で段階的に段階的に変更され、学齢人口に基づいて80%、貧困層に住む学齢人口に基づいて4%に変更されます。
  • タイトルIIの資金を使用して認証システムを改革できます。 認証への代替ルートを改善する。 採用と定着を改善する

基準と評価

州の考慮事項

  • 挑戦的なアカデミックコンテンツ基準(リーディング、数学、科学)および整合したアカデミックアチーブメント基準(XNUMXつのレベルのアチーブメント)が採用されていることを保証する必要があります。
  • 英語能力評価を採用する必要があります
  • 州が最も重大な認知障害を持つ学生のための代替テストを管理することを許可します。 ただし、代替テストは、評価される学生の総数の1%以下で使用できます(1%を超えた場合は、SEAに通知および正当化する必要があります)
  • 州は「オプトアウト」を管理する独自の法律を制定することができ、評価への子供の参加権について親に通知することを要求します
  • 単一の年次総括的評価または年間を通じて複数の州全体の中間評価を使用して、XNUMXつの総計スコアを得ることができます
  • コンピューター適応評価を使用できます
  • テストに使用される時間の目標制限を設定することができます

地区に関する考慮事項

  • すべての学生の少なくとも95%に評価を実施するという要件を維持
  • 95%のしきい値を下回る学校の結果は州と地区によって決定されます

充実した教育

州の考慮事項

  • 体育、STEM、学校カウンセリングをサポートする50のプログラムを排除
  • 新しい幼児教育プログラム
  • いじめをいかに減らしているか、そして生徒を教室から連れ去る懲戒慣行の乱用を特定するために州の計画が必要

地区に関する考慮事項

  • 地区は、総合的な教育を支援するプログラムにタイトルIVの資金の20%を配分する必要があります
  • 安全で健康的な学生を支援するプログラムに、タイトルIVの資金の20%を割り当てるよう地区に要求する
  • ニーズの評価に基づいて割り当てられたTitle IV資金の残り60%

関連リンク:

 

Brustein&Manasevit、PLLC、 ESSAの試合時間 およびASCD 初等および中等教育法:子どもの取り残し禁止法と全生徒成功法の比較