仮想学習者のための延長日登録

K-12バーチャルラーニングプログラムに参加している学生は、延長日サービスの対象にはなりません。 ただし、これらの家族は、適切な登録期間中に子供を延長日として登録することができます(フェーズ1、2、または3、を参照) 登録情報)そして、登録のために抽選で選ばれた場合、学生が直接の指導に戻るまで参加を延期します。

  • 延長日で登録されたすべての学生は、登録情報を提出した親/保護者に確認メールが送信されます。
  • 生徒が仮想学習に参加している場合、保護者/保護者は電子メールに返信し、子供が直接学習に戻るまで登録を延期する計画を延長日中央オフィスに通知する必要があります。
  • 抽選番号順に順番待ちリストに入れられます。
  • 延長日枠が利用可能になると、対面指導に参加している学生は、(宝くじからの)配置番号の順に登録されます。 バーチャルラーニングの学生は、順番待ちリストの元の配置を保持し、対面での指導に戻ると登録が提供され、スペースが利用可能になります。

バーチャルラーニングプログラムに参加している小学生の家族は、新しい四半期の初めに生徒を直接出席させることを選択できます。 中学生は、XNUMX学期の初めに対面学習に戻るオプションがあります。