インターネットの安全性

今日の学生は、学習、研究、コミュニケーション、新しいアイデアの探求、創造性の表現を強化するリソースへの前例のないアクセスを持っています。 残念ながら、この注目に値するリソースは、若者をターゲットにすることが多い虐待の影響を受けやすくなっています。 幼稚園から高校までのすべての生徒は、インターネットの安全性とデジタル市民権に関する知識を高めるために毎年レッスンを受けています。

責任あるデジタル市民の構築

責任を持って敬意を持って行動する

すべての生徒は次のことを行う必要があります。

  • デバイスを使用している間は、コメントや文章で敬意を持って適切に行動してください。
  • 個人アカウントにログインし、割り当てられたデバイスのみを使用します。
  • 個人のログインを他の人と共有しないように注意してください。
  • デバイスでキャプチャしたかダウンロードしたかに関係なく、写真とビデオを使用して、学習に役立ちます。
  • 適切なロック画面と壁紙画像を使用してください。
  • 各デバイスがの所有物であることを理解する APS 割り当てられた学生のみが使用することを目的としています。

デバイスでキャプチャされたかダウンロードされたかにかかわらず、不適切な画像、ビデオ、およびファイルの配布は禁止されています。 学生用デバイスは、次の方法でいつでも検査できます。 APS 人員。 デバイス上で不適切なコンテンツが見つかった場合、そのコンテンツは削除され、学校の管理者によって懲戒処分が取られる場合があります。

デジタル市民権とインターネットの安全性

APS 幼稚園から始まるすべての学年の生徒を対象としたカリキュラムがあり、オンラインで責任を持ち、倫理的で安全な市民になる方法を学ぶことができます。 このカリキュラムは当初、家族、教師、および APS デジタル学習運営委員会。 カリキュラムは、Common SenseMediaの作業を基にしています。 学校は、生徒が学年レベルで特定されたカリキュラムを確実に受けられるようにし、このコンテンツを配信するのに最適な位置を決定します。 すべての教師がコンテンツを配信しているわけではありませんが、概念を日常の指導に継続的に統合できるように、すべての教師がカリキュラムの内容を理解する必要があります。 生徒は、デジタル市民権とインターネットの安全性が各学校の構造の重要な部分であることを理解する必要があります。 家族は家で一緒にこれらのトピックを探求することが奨励されています。 Common Sense Mediaの詳細については、次のWebサイトをご覧ください。 commonsense.org/education/digital-citizenship。 詳細については、 APS デジタルシチズンシップカリキュラムは、オンラインで見つけることができます apsva.us/digital-learning/。 

APS 利用規定(AUP)

すべての生徒は、各学年の初めに利用規定に署名する必要があります。 小学校レベルでは、教師は、クラスのすべての生徒がその内容について話し合った後に署名するためのポスターに関する合意の要約を持っています。 ポスターは、簡単に参照できるように、9.2.5.1年間教室の壁に置いておく必要があります。 中学校および高校レベルでは、学生はインターネットの安全性/デジタル市民権のカリキュラムを完了した後、AUPに電子的に署名するよう求められます。 すべての教師は、生徒がAUPに署名したことを確認する責任があります。 AUP、教育委員会のポリシー電子技術の利用規定I-XNUMXは、 APS でウェブサイト apsva.us/school-board-policies。