OneDrive – Safariアプリ

SafariアプリからOneDriveに移動するには:

wmsホームページ
  • ユーザー名として学生ID番号を使用してログインし、 APS パスワード。
  • 「移動」ボタンをタップします。
ログイン
  • Office 365が表示されるまで下にスクロールします。
  • Office 365アイコンをXNUMX回タップしてから、[起動]ボタンをタップします。
365オフィス
  • このポップアップウィンドウで新しいタブが起動します。 「はい」をタップします。
マイクロソフトのサインイン
  • ポップアップウィンドウの右上隅にある「X」をタップします。
マイクロソフトログイン2
  • OneDriveアイコンをタップします。
  • 初めて起動する場合は、「OneDriveの準備ができました->」というリンクをタップします。
onedriveアイコン
  • これで、OneDriveファイルを表示するか、上部の[+新規]ボタンをタップしてファイルをOneDriveに追加できます。
  • 「+新規」ボタンをタップすると…。
onedriveダッシュボード
  • 新しいOneDriveフォルダーを追加したり、Wordドキュメントを作成したりできます。
  • SafariでPowerPoint、Word、またはExcelファイルを直接編集できることに注意してください。 さまざまなOffice製品のツールがSafariアプリに表示されます。
新しいOneDrive
  • 新しいWord文書を作成すると、Safariアプリで直接文書を編集できます。
Office 365 ワード
  • ファイルのタイトルを変更するには、「ドキュメント1」と表示されている青いバーをXNUMX回タップしてから、ポップアップウィンドウに新しいタイトルを入力します。
単語タイトル