APS ニュースリリース

APS シグナと提携して学校サポートラインパイロットプログラムを開始

学生サポートライン-電話で話している女の子

APS はCignaと提携して、パイロットとしてXNUMXつの高校とプログラムに学校サポートラインを提供しています。 最初に参加した学校は次のとおりです。

  • ワシントン-リバティ、ウェイクフィールド、ヨークタウン、アーリントンコミュニティ高校、アーリントンキャリアセンター、HBウッドローンセカンダリープログラム、ラングストン、ニューディレクション。

APS 追加の学校へのプログラムの拡大を模索しています。 サポートラインは現在30月24日まで利用可能であり、危機サポートと紹介サポートのための重要なリソースを提供します。 7歳以上の学生、スタッフ、保護者の方は365時間年中無休でご利用いただけます。 ライン上のスタッフは危機対応の訓練を受けており、英語とスペイン語で支援し、発信者を地元のリソースにリンクすることができます。 他の言語はLanguageLineから入手できます。 ヘルプは、833-Me-Cigna(833-632–4462)に電話することで利用できます。

専門家の電話
学校サポートラインには、学校の生徒、保護者、学校のスタッフとの交流の訓練を受けた擁護者が配置されます。 擁護者によって特定されたニーズに基づいて、発信者は、危機サポート、コミュニティサポート、または資格のあるCigna臨床医との電話によるカウンセリングにトリアージされます。 これには、いじめ、孤立、自殺念慮などの事件への支援が含まれます。 学生が手段と計画で積極的に自殺している場合、擁護者は地元当局に連絡して彼らの場所に行きます。

匿名で機密
スクールサポートラインへのすべての電話は匿名のままになります。 スクールサポートラインの支持者は、発信者に、登録している学区と生徒の年齢を尋ねます。 学校サポートラインへのアクセスについて、その他の正式な検証は行われません。 法的地位や文書についての質問はありません。 すべての通話が録音されます。

このパイロットへの参加を志願した学校のサイトは、電子メール、チラシ、その他の手段を通じて、このサービスに関する詳細情報を学校のコミュニティに配布します。