APS ニュースリリース

APS 最近の高校の境界変更に関する人口統計データ分析をリリース

2016年2020月に教育委員会が高校の境界線の変更を承認した後、コミュニティのメンバーからいくつかの質問が寄せられ、変更が21つの総合高校の将来の人口統計に与える影響の詳細を尋ねました。 その結果、教育委員会はスタッフに、境界遷移の最終年であるXNUMXつの高校でのXNUMX年からXNUMX学年度の開始時に発生する将来の人口統計を推定するレポートを作成するように求めました。 スタッフレポートが完成し、オンラインで投稿されました。以下は、レポートの簡単な要約です。

データ分析に関するいくつかの警告:

  • APS 別の高校プログラム(HBウッドローン、アーリントンテック、アーリントンコミュニティ高校またはラングストン高校継続プログラム)を選択する可能性のある将来の学生、2016年XNUMX月の境界決定の一部であった免除を利用する学生の民族性を推定することはできません、または別の近所の高校への転校を要求する学生。
  • 2020年秋に高校に所属するコホートの将来の選択肢がわからないため、現在近隣の学校や代替プログラムに通っている生徒を示す既存の会員レポートと比較することは困難です。
  • APS メンバーシップレポートには、現在トーマスジェファーソン科学技術高校に通っているアーリントン高校の生徒は含まれていません。スタッフは、将来どの生徒が受け入れられるかを予測できません。
  • データは、現時点での学生の限定英語能力(LEP)識別を反映しています。 ただし、2020年の秋までに、それらの学生の多くは英語力を習得しているため、LEPとして識別されなくなります。

学生の民族性:
高校生の現在と将来のクラスの比較はまた、 APS 現在の小中学校のコホートの人口統計のレビューに基づいて減少しています。 これは、5、6、7、8年生の生徒のコホートは、現在9、10、11、12年生に在籍している生徒のコホートよりも多様性が少ないことを意味します。全体として、アーリントン高校の生徒の人口が増えるにつれて、郡全体で次の変更が見られます。

  • ヒスパニック系の学生の登録が6%減少
  • 黒人学生の登録が1%減少
  • 白人学生の登録が8パーセントポイント増加
  • 「その他」の人口登録が1パーセントポイント増加
  • アジアの学生の就学率は9%で一定

近隣の高校を見ると、推定値は次の変化を示しています。

  • 次の学生グループの比率(パーセントポイント)が減少します。
    • ウェークフィールド–黒(-1)、ヒスパニック(-6)
    • ワシントン-リー–アジア(-1)、黒(-2)、ヒスパニック(-6)
    • ヨークタウン–アジア(-2)、黒(-1)、ヒスパニック(-3)
  • 次の学生グループの比率(パーセントポイント)の増加:
    • ウェークフィールド–アジア(+1)、白(+7)
    • ワシントン・リー–マルチ(+1)、ホワイト(+8)
    • ヨークタウン–マルチ(+1)、ホワイト(+5)
  • ウェイクフィールドの場合、他の報告グループの学生の割合(パーセントポイント)に変化はありません。

 障害を持つ学生(SWD)
境界の変化の前後で、生徒の割合は各高校で一定のままです。

限定英語能力(LEP)の学生
上記のように、現在のLEPの学生の多くは、高校に入学する前に習熟する可能性があります。 今日LEPである学生の割合は

  • ワシントン・リーで変わらない
  • ウェイクフィールドで1%増加し、
  • ヨークタウンで1パーセント減少

完全なレポートは、 APS 境界 ウェブページ。