APS ニュースリリース

APS シニアが大学主催の国立メリット奨学金を獲得

今週、National Merit Scholarship Corporation (NMSC) は次の XNUMX つのことを発表しました。 APS シニアは、カレッジや大学が資金を提供する全国メリット奨学金を獲得しました。 全国から約 7,500 人の学生が奨学金の受賞者に選ばれました。

今年の大学主催のメリット奨学金の受賞者は次のとおりです。

  • ディロン・バス、ヨークタウン高校 - シカゴ国立メリット大学奨学金
  • ピーター・ヘイズ、ヨークタウン高校 - 国立メリット・パーデュー大学奨学金
  • クリストファー ジェニングス、ワシントン リバティ高校 – 国立メリット リーハイ大学奨学金
  • キャサリン ランマン、ウェイクフィールド高校 - 国立メリット ノースイースタン大学奨学金

各スポンサーカレッジの役員は、所属するNational Merit Scholarship Programのファイナリストの中から、受賞者を選択しました。 大学が後援する賞は、奨学金に資金を提供する教育機関での最大500年間の学部研究に対して年間2,000ドルからXNUMXドルを提供します。

今年のNational Merit Scholarshipのコンテストは2019年1.5月に始まり、21,000を超える高校のXNUMX万人を超えるジュニアが、予備のSAT / National Merit Scholarship Qualifying Testを受けました。 昨年の秋、各州で最高得点の参加者が準決勝進出者に選ばれました。

Merit Scholarshipアワードを競うには、準決勝進出者は、追加の要件を満たすことにより、コンテストの最終選考レベルに進む必要がありました。 各準決勝進出者は、エッセイを書いたり、課外活動、賞、リーダーシップのポジションに関する情報を提供したりするなど、詳細な奨学金申請書を提出するように求められました。 準決勝出場者はまた、卓越した学業成績を有し、高校の役員によって承認および推奨され、適格なテストパフォーマンスを確認するSAT®スコアを獲得する必要がありました。