APS ニュースリリース

3年生から5年生の生徒の教育モデルの変更

Español

親愛なる小学校家族、

学校への復帰計画が続く中、3年生、4年生、5年生の小学生向けの教育学習モデルの変更についてお知らせします。これは対面学習の移行が始まると有効になります。

過去数週間にわたって、 APS 小学校の校長と教育・学習部門は、生徒が対面学習に移行する準備をするために、話し合いとスケジュールを立てています。 ディスカッションでは、3年生から5年生の人員配置の制限に対処しながら、選択したモデルですべての生徒に最適なサービスを提供する方法に焦点を当てました。

それらの議論に基づいて、私たちは 3年生から5年生の生徒を「同時指導」モデルに移行する、中学生に採用されたモデルと同様です。 並行モデルでは、 3年生から5年生のすべての生徒は、現在の教師と一緒に現在のクラスを継続できます。、選択したモデルに関係なく。 教師は、教師が教室にいるかリモートで作業しているかに関係なく、直接学校に通う生徒とオンラインで参加する生徒の両方のグループに同時に指示します。

3年生から5年生の生徒のための同時指導モデル
以下に詳述する同時モデル変更は、3年生から5年生の生徒にのみ適用され、ハイブリッド/対面学習の移行を開始できると判断された時点で有効になります(返却日は発表されます)。 ハイブリッド/対面モデルを選択する他のすべての小学生(PreK-2年生)は、 初歩的なハイブリッド/対面学習モデル すでに説明したように。 並行教育モデルの場合:

  • 学生はの組み合わせに参加します 同期および非同期命令XNUMX日(火〜金) 選択した配信モデルに関係なく、毎週。
  • 学生 現在の教師と一緒に、現在のクラスを継続します、選択したモデルに関係なく。
  • 学生は、フルタイムの距離、ハイブリッドA(対面の火/水)、およびハイブリッドB(対面の木/金)のXNUMXつの同時グループに分けられます。
  • フルディスタンスとハイブリッドの両方の生徒は、週にXNUMX日、お互いとその教師と交流します。 ハイブリッドの生徒は、週にXNUMX日直接学校に通います。
  • 教師は両方のグループの生徒に同時に指示します、教師が直接学校にいるのか、リモートで教えているのか。 これは、学校の一部の生徒が遠隔地の教師から指導を受けることを意味する場合があります。 これらの生徒は、教室のアシスタントによって直接監視および支援されます。
  • 月曜日は、すべての学生の非同期学習日として継続されます、教師の計画と小グループの介入のための時間。

この変更は、すべての小学校の近隣の学校とオプションプログラムの3年生から5年生の生徒に適用されます。 アーリントンのモンテッソーリ公立学校(MPSA)、クレアモントイマージョン、キーイマージョンを除く。

  • すべてのMPSAの学生は、元のハイブリッド/対面モデルに参加します。
  • 全て クレアモントとキーイマージョンの学生、 PreK-5年生は、上記の並行モデルに従います。

3年生から5年生の教師のための専門的な学習は5月XNUMX日金曜日に行われます。 午後には、これらのユニークな環境で同時に教えるために必要なスキルをサポートします。 小学校の教師とスタッフのためのこのトレーニングと他の専門的な学習に対応するために、 5月XNUMX日(金)は小学生向けの早期リリース日となります。

これらの変化に対応するため、引き続きご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。 この調整済みモデルについて質問がある場合は、校長に連絡してください。 追加の詳細と学生の帰国スケジュールが利用可能になり次第、すべての家族を更新します。

よろしく、
ブリジットロフト
補佐
教育学部