APS ニュースリリース

対面教育委員会会議の更新

11月XNUMX日から、定期的な教育委員会の会議が直接行われ、出席は厳しく制限されます。 (ワークセッションやその他の会議は、実質的に引き続き開催されます。)

安全に会合するために、理事会は、コミュニティ、スタッフ、および理事会メンバーが公共事業を行う際にそれらを保護するために必要なすべての措置を講じます。 これには、健康と安全のガイドラインに準拠するように会議手順を調整することが含まれます。 直接の教育委員会の会議では、議題と非議題の項目に関するパブリックコメントが会議の開始時に引き続き聞かれ、1時間に制限されます。

各会議で、取締役会は最大30人の講演者から意見を聞き、各講演者は最大2分間コメントすることができます。 最大15人のスピーカーが直接コメントすることができ、残りのスロットはコールインスピーカーに割り当てられます。 すべての講演者は事前にサインアップして、直接話すか、会議に電話するかを指定する必要があります。 利用可能なスロットよりも多くのリクエストを受け取った場合、抽選プロセスを引き続き使用してスピーカーを選択します。

理事会は、会議へのできるだけ多くの市民参加を可能にするために、今後も計画を改善し続け、手順が調整されるにつれて、コミュニティの忍耐力に感謝します。 追加情報はに掲載されます  https://www.apsva.us/school-board-meetings/sign-up-to-speak/