APS ニュースリリース

ケンモアの学生が2022年の子供向けリアルフード料理チャレンジで優勝

ケンモア中学校の家庭科および消費者科学プログラムに登録した7年生のグループが、10年5月2022日土曜日に第XNUMX回子供向けリアルフード料理チャレンジで優勝しました。ケンモアは、キノアクラストキッシュのランチカテゴリでXNUMX位を獲得しました。アップル、アルグラ、ウォルナットサラダ。

今年のコンテストの料理のテーマは、地元で買う、地元で食べる、そして生徒たちに地元または地域で食材の50%以上を調達するように依頼しました。 ケンモア家政学の教師であるミシャ・ビランチョン氏が率いるXNUMX人の生徒のチームには、アンドレ・ラルー、エリー・ライヒトマン、ノラ・タルボット・リリー、ケイトリン・チェルバスが含まれていました。 ケンモアのチームは、バージニア州カンバーランドにある「ブライトファームズ」が栽培したほうれん草と、地元の生のろ過されていない蜂蜜を使用して、ジャイアント(メリーランド州ランドオーバーに本社を置く)から地元の食材を調達しました。 在来植物や花粉交配者を保護することの重要性についての認識を高めるために、地元の蜂蜜を使用することを選択しました。

コンテストはヘイフィールドセカンダリースクールで開催され、DMV地域の合計6つの中学校と高校を代表する生徒が参加しました。 イベントの審査員チームには、MoonRabbitのエグゼクティブシェフであるKevinTienが含まれていました。 ジャンクションベーカリーとビストロブランドの共同エグゼクティブシェフ、シェルビーマクローン。 David Hagedorn、レストラン評論家。 MightyMealsの創設者、社長、エグゼクティブであるStefano Marzon; シェーンローガン、VA教育省、学校栄養プログラム局、ダリアバット、学生(7年生)、タコマパーク中学校、メリーランド州モンゴメリー郡、2021年の料理チャレンジの優勝者。

ケンモアの学生によって作成されたレシピのバージョンは、まもなくシルバーダイナーメニューに掲載される可能性があり、DMVエリア全体の学校給食メニューに適応される予定です。 ケンモアの学生の優勝グループは、この学年の間にこれらのレシピを開発し、放課後に会議を開いて、途中でレシピのバージョンを準備してテストしました。 メアリーポーター(RFFKプログラムディレクター)からのサポートとシェフイペフォンヘンスト(シルバーダイナーの共同創設者兼エグゼクティブシェフ)からのフィードバックにより、彼らはキノアクラストキッシュとアップル、ルッコラウォルナットサラダの勝利の組み合わせを作成しました。

Real Food for Kidsは、2012年から中学生と高校生のFACS学生を対象とした料理チャレンジを後援している擁護団体です。目標は、「家族および消費者科学と料理芸術の選択科目に学生を参加させ、支援し、革新的な学校の食事プログラムに影響を与え、教師にプロジェクトベースの学習プラットフォームを提供する栄養価の高い料理。」

課題は、USDAの栄養ガイドラインに準拠し、学生の費用が$ 2.70 /未満の、健康的でおいしい学校給食アイテムを作成することです。 このコンテストは、DMVエリアの中学生と高校生の両方が参加できる唯一の料理コンテストです。 コンテストに参加した他の学校には、ブルーリッジ中学校、フランクリン中学校、シャンティリーアカデミー、ハーンドン高校、タコマパーク中学校が含まれていました。

ケンモアのチームは、そのような才能のある若いシェフの間で認められることに興奮しています。 競争が厳しくなることはわかっていましたが、プロセスがどれほど難しいかについては十分に認識していませんでした。 私たちのチームは、レシピの研究開発に何ヶ月も取り組み、その過程で多くの反復を準備してテストしました。 最終製品は私たち全員が愛し、非常に誇りに思っているものです。 キヌアと豆腐をこんなに美味しくできるなんて誰が知ったの?

パネルディスカッションでシェフのイペ・フォン・ヘンストが私たちの料理について話し、シルバーダイナーのメニューに私たちのレシピのバージョンを追加する計画を聞いたのは素晴らしいことでした。 パブリックテイスティング中に受け取った圧倒的なポジティブなフィードバックに、私たちは大喜びし、ショックを受けました。 子供たちが夕食にキノアクラストキッシュを欲しがっていたので、両親はレシピを求めていました! そもそも発表された瞬間は、学生も私も決して忘れないものです。 封筒が開けられると、私たちは腕をつなぎ合わせて完全に沈黙しました。 シェフのケビン・ティエンが「XNUMX位は…ケンモア中学校に行く」と言ったとき、私たちの最初の反応は不信であり、すぐに喜びの涙(ビランチョンさん)と大きなグループの抱擁が続きました。 来年のテーマがどうなるか楽しみです!