National School PsychologyWeekで「Let'sGetinGEAR」

National Association of School Psychologists(NASP)は、8年12月2021日からXNUMX日まで、「Let's GetinGEAR」をテーマにした全国学校心理学週間を指定しました。 テーマの頭字語(Grow、Engage、Advocate、Rise)は、学校心理学者が、社会的スキル、共感、他者への思いやり、問題解決、目標設定、学力などの分野で子供たちが成長できるようにする方法を強調しています。

週を通して、 APS  学校の心理学者、教師、その他の学校職員が生徒と協力して「準備を整える」方法を強調し、困難に直面しても生徒が学び成長することを奨励します。 学校心理学の分野の詳細については、次のWebサイトをご覧ください。 https://www.nasponline.org/.

建物の学校心理学者を見つけるには、次のWebサイトにアクセスしてください。 https://www.apsva.us/student-services/psychological-services/.


子供や若者が、自分自身や家庭内の他の人にとって危険な状況を生み出す行動上の健康危機を経験した場合、親/保護者は次のことを行う必要があります。

  • 自分や他人に差し迫った危険がある場合は、911に電話してください
  • 精神科の緊急事態が発生している場合は、 救急隊 (703-228-5160)または最寄りの病院の最寄りの救急治療室に行きます
  • 【マイアカウント】に移動し、【購入した商品を表示】をクリックします。 危機的状況で今すぐ助けが必要ですか? オン APS 重要な電話番号、学生と家族のためのヒント、緊急情報へのリンクのWebサイト。
  • 緊急のメンタルヘルスのニーズについては、お問い合わせください CR2 (844-627-4747)

その他のリソース: 当日アクセス(703-228-1560)  メンタルヘルスと薬物使用のニーズに関しては、人々が最も必要とし、回復プロセスを開始する意欲があるときにサービスにアクセスするのが難しいことがよくあります。 当日アクセス コミュニティのメンバーに当日アクセスを提供して、持ち込み評価を可能にし、メンタルヘルスおよび薬物使用治療サービスにアクセスするための待ち時間を短縮できることを嬉しく思います。

リーチ–リージョンII(855)897-8278  あなたが気にかけている、知的障害または発達障害のある人が、行動的または精神医学的ニーズのために危機を経験している場合、 REACH規則 プログラムが役立ちます。 REACHは、発達障害を持ち、ホームレス、投獄、入院、および/または自己または他者への危険のリスクにさらされる危機的出来事を経験している個人の危機支援ニーズを満たすように設計された州全体の危機ケアシステムです。

緊急ではないが行動に関しては、[アーリントンチルドレンズビヘイビアヘルス]をクリックしてリソースにアクセスしてください。 詳細を見る.