APS ニュースリリース

教育委員会は2021年から22年の学年度に新しい小学校の境界を採用します

Español

3月2021日、教育委員会は小学校の境界調整を承認し、キーサイトに新しい近隣の学校の出席ゾーンを作成し、アーリントンサイエンスフォーカススクール(ASFS)をその出席ゾーン内に配置し、マッキンリー小学校の調整された出席ゾーンを作成しました。ほとんどの生徒が学校と一緒にリードサイトに移動する学校。 新しい境界はXNUMX年秋に発効します。

家族へのパンデミックとストレスのため、教育長のフランシスコデュラン博士は、この境界プロセスの範囲を、ほとんどの近隣の小学校を含む最初の郡全体のアプローチから、2021年から22年にすべての学校施設を確実に使用するために必要な最小限の再割り当てを行うアプローチに狭めました。 教育委員会によって承認された動議には、2022年秋に小学校の入学を管理するための郡全体のプロセスの計画が含まれており、2023-24学年度に発効します。

「現時点で境界プロセスを実施することは困難であることがわかっています。すべての学校施設を使用する必要性と、できるだけ少ない生徒に影響を与えたいという願望とのバランスをとるために、意見や質問を共有してくれたコミュニティメンバーに感謝します。 」とアーリントンスクールボードチェアのモニークオグレイディは語った。 「Durán博士と彼のチームは、コミュニティへの働きかけと、このイニシアチブの範囲を狭め、2022年の次の郡全体のプロセスの柔軟性を維持するための取り組みに感謝します。私たちの学校の将来の計画を継続することが重要です。部門とすべての学生のニーズを満たす準備ができています。 この作業は、次の資本改善計画で今年後半に継続されます。」

「私は、この境界プロセスに参加し、私たちと関わったコミュニティメンバーに対する教育委員会の感謝の気持ちを反映しています」とデュラン監督は述べました。 「私たちは家族から彼らが直面している課題について毎日聞いています。パンデミックの独特の状況は、現時点では生徒の再割り当てを最小限に抑える必要があることを意味していることは明らかでした。 別の学校に転校した生徒の場合、校長、スタッフ、教師が皆様のお越しを心よりお待ちしております。 私たちの学校とセントラルオフィスのスタッフは、すべての生徒をサポートし、これらの困難な時期に境界や他の多くの問題について家族に情報を提供するよう努めています。」

計画単位の調整
教育委員会によって採用された境界調整は、キーサイトの新しい近隣の学校とXNUMXつの現在の小学校(アシュローン、ASFS、マッキンリー、テイラー、タッカホー)のためのものです。 このプロセスでは、 APS は、33の計画ユニットとK-630年生の約4人の現在の生徒(30年2020月120日の登録に基づく)を他の近隣の小学校に再割り当てしています。 教育委員会はまた、4人以上の現在のXNUMX年生の生徒に現在の学校に留まるオプションを提供する適用除外条項を承認しました。

以下 プランニングユニット 以下にリストされているように、2021-22学年度に再割り当てされました。

  • AshlawnからASFSへ: 23220、23230、23231
  • ASFSからキーサイトの新しい学校へ: 24050、24051、24060、24070、24071、24130、24031、24030、24033、24032、24090、24040、24041、24042、24043、24081、24082
  • ASFSからテイラーへ: 24010、24011、24020
  • マッキンリーからアシュローンへ: 14100、14101、14110
  • テイラーからASFSへ: 23170、23190、23180、23200、23210、23211
  • リードサイトのタッカホーからマッキンリーまで: 16061

新しい境界の影響を受ける計画ユニットに住む学生の家族は、米国郵政公社を通じて通知されます。 ParentVue 今月。 家族は使用することができます APS オンライン検索可能な境界ロケーター 彼らの計画ユニットを見つけるために。

さらに、現在マッキンリーの出席ゾーンにあるすべての計画ユニット(14100年秋にアシュローンに再割り当てされた14101、14110、および2021を除く)は、2021年に学校とスタッフとともにリードサイトの新しい建物に移動します。 22。 これらの計画ユニットは学校とともに移動しているため、この境界プロセスで再割り当てされたとは見なされません。

祖父
教育委員会によって承認された「祖父母」の規定は、現在4年生で、5年から2021年に22年生まで現在の小学校に留まりたいと考えているすべての学校の生徒、および現在のK-4年生の生徒が利用できます。リードサイトのマッキンリーに再割り当てされた計画ユニット16061は、2022年から23年までタッカホーで継続したいと考えています。 既得権のために現在の学校に留まる資格のある学生は、2021年から2022年に新しく割り当てられた近隣の学校に通うオプションがあります。 既得権の規定に基づいて現在の学校に留まることを選択した学生には、交通手段は提供されません。

学生はに登録する必要があります APS 7年2020月XNUMX日の時点で、適用除外の対象となります。 関係する計画ユニットの現在の家族に通知することに加えて、 APS また、4年7月2020日までに退学した再割り当てされた計画ユニットの2021年生の家族に連絡して、生徒が22〜XNUMX年に再入学するかどうか、現在の近隣の学校に適用除外されるかどうかを確認します。 既得権の詳細は、XNUMX月に対象となる学生の家族に送信され、オンラインでも入手できます。 WWW。apsva.us/engage/fall2020elementaryboundaries/.

転校生
チームおよび兄弟の異動を通じてASFSに参加している4年生の現在の学生は、5年から2021年の学年度に22年生のASFSに留まる資格があります。 アシュローン、マッキンリー、テイラー、タッカホーに転校で通うすべての生徒は、現在の学校で継続することができます。

2022年秋小学校の入学を管理するプロセス
3月XNUMX日に教育委員会によって採択された動議 APS 2022年秋に郡全体のプロセスを実施し、2023年から24年に発効する小学校の入学を管理します。 2022年に、学校まで歩いて行ける計画ユニットは、その学校への再割り当てが検討され、近隣の学校への輸送が必要なすべての計画ユニットは、近くの別の学校への再割り当てが検討されます。 APS 2022プロセスで再割り当てされた2020年秋プロセスでの計画ユニットの再割り当てを回避しようとします。任意の計画ユニットが再割り当ての対象となる可能性があります。

詳細については、をご覧ください WWW。apsva.us/engage/fall2020elementaryboundaries/.