APS ニュースリリース

秋の陸上競技とバンドに関する最新情報

陸上競技と音楽は学生の経験の大きな部分を占めており、パンデミックのために陸上競技やバンドなどの課外活動をキャンセルするのがいかに難しいかを私たちは皆知っています。 運動は、学生の身体的および社会的感情的な幸福に不可欠です。

まだ競争に復帰する準備はできていませんが、29月XNUMX日の週からフェーズII / IIIで条件付け活動を開始できる段階にあります。在宅措置が実施されて以来、多くの学生が活動性が低く、状態が悪い。 これらのセッションの目的は、敏捷性とコンディショニングに取り組むことです。

学生、コーチ、スタッフを含むすべての参加者が健康で安全な状態を保つには、思慮深い活動計画が不可欠です。 スタッフは、自分自身と学生を安全に保つための新しいプロトコルとスクリーニングについて訓練を受けています。

ワークアウトは、秋のVHSLスポーツとバンド専用です。 安全確保のため、以下の対策を講じています。
スクリーニング手順:

練習フィールドに入る前に、学生のための手順が確立されています。

参加のための一般的な要件:

  • 身体検査は、フェーズIIコンディショニング/黄色のアクティビティには必要ありません。
  • 布の表面カバーが必要であり、社会的距離を維持できない場合は常に着用してください。 参加者が少なくとも10フィート離れている場合、マスクは必要ありません。
  • 天候の緊急事態および浴室を除いて屋内設備の使用。
  • 共有機器を使用しない。 アスリートは自分の縄跳びを持ってくることができます。
  • 生徒は自分の水と容器を用意する必要があります。

追加の情報はコーチから伝えられます。

ご質問やご不明な点がございましたら、学校の生徒活動担当ディレクターまでお問い合わせください。