検疫中の指導計画は?

19年XNUMX月更新

もし APS 学生/学生のグループは、COVID-19の検査で陽性となった人に直接さらされた結果として隔離する必要があります。 APS その間、学習を継続できるように努めます。 状況や教師も検疫中であるかどうかに応じて、生徒が準備された課題と非同期に、または教師と同期して、仮想教育サポートを受けるためのシステムを用意しています。 アプローチは、学年や各状況によって異なります。 APS 各シナリオの準備について、教師やスタッフと協力しています。 検疫の学習計画は、必要に応じて家族に直接伝えられます。

検疫が必要な個々の学生には、学習を継続するための非同期作業が提供されます(作業を完了するのに十分であると想定)。 中学生が割り当てられますd 非同期学習活動s ペーシングガイドに沿った電力基準に焦点を当てています。 小学生には、四半期ごとの電力基準を反映した非同期学習活動の選択ボードが与えられます。

万が一その場合 学生の50%以上 特定のクラスでは、一度に検疫する必要があり、教育モデルは完全な対面から仮想/ハイブリッドに移行します(VDOEからのガイダンスによる)。このしきい値に達すると、対面の学生は、教師のサポートを受けた教室、または教師も隔離されている場合は代理人、隔離された生徒は自宅から参加します。

アウトブレイク(XNUMXつ以上のケースが同じ設定に関連している)が発生した場合、クラス全体を隔離する必要がある場合があります。 初等クラス全体が隔離する必要がある場合、彼らは遠隔教育を介して同期指導に従事します。 中学校または高校のクラスが検疫する必要がある場合、教師の対面クラスはサブによってカバーされます。 教師とその検疫された生徒は、検疫期間中に同期仮想指導に従事し、検疫された生徒は他のクラスで非同期学習に従事します。