APS ニュースリリース

年末のデバイス情報とサマースクールのデバイス

年末のデバイス情報とサマースクールのデバイス
世界 APS EdTechおよびInformationServicesのオフィスでは、学校の最後の週(13月2022日の週)までにすべての生徒のデバイスを提出する必要があります。 これにより、教育テクノロジーとブレンディッドラーニングのベストプラクティスに戻るときに、学生はスクリーンタイムから休憩することができます。 23-XNUMX学年度の準備として、デジタルリテラシー、各学年レベルでの発達上適切なスクリーンタイム、混合学習の機会、および生徒の達成を促進するための教育用デバイスの適切な使用に焦点を当てます。 デバイスは、教育工学コーディネーター(ITC)によって各学校で収集されます。 デバイスを提出する最終日は、各学校によって決定されます。

9〜11年生の生徒は、サマースクールの最初の週と夏の間、指定された配布日に更新されたデバイスの受け取りを開始します。 これは、各建物に割り当てられたITCによって処理されます。 配布日には、30分間の利用規定(AUP)セッションも含まれます。 このセッションには、デジタルリテラシースキル(デバイスの適切な使用方法、MacBook Airの基本スキルなど)と、生徒が学校関連の機能にデバイスを使用する方法を理解するのに役立つAUPのウォークスルーが含まれます。

サマースクールのデバイスとテクノロジーのサポート
PreK-8年生と12年生のサマースクールの対象となる生徒は、サマースクールの期間中に利用できるサマースクールデバイスを受け取ります。 これらのデバイスは、サマースクールのサイトに毎日滞在します。 サマースクールに通う高校生には、ワシントンリバティでデバイスが提供されます。 サマースクールで恒久的なデバイスを受け取っている生徒は、デジタルリテラシーと許容可能なポリシーの使用法のレッスンも受けます。