学生の病気とCOVID

  学校での病気自宅での病気  |  病気の後に学校に戻る  |  教室での対応  |  COVIDテスト

学校での病気

学生が学校の日に病気になった場合、 APS アーリントン郡公衆衛生局で開発されたプロトコルに従います。 次の症状のいずれかを示す生徒は、学校から家に送られます。

  • 発熱(100.4以上)
  • 寒気
  • 息切れ
  • 味覚/嗅覚の喪失
  • 喉の痛み
  • 疲労
  • 筋肉痛
  • 鼻水/鼻づまり
  • 腹痛
  • 下痢
  • 吐き気/嘔吐
  • 頭痛

親/保護者に通知され、生徒は帰宅する必要があります。 各病気は、ACPHDが確立したCOVIDおよびコンタクトトレーシングプロトコルに従って個別に処理されます。 APS 親/保護者に情報を伝達するための確立されたガイドラインに従います。 詳細については、次のWebサイトをご覧ください。 www.vdh.virginia.gov.

学校保健クリニックと隔離室

隔離室
各学校には指定された隔離室があり、学校にいる間にCOVID-19のような症状や病気の兆候を示した生徒は、生徒が迎えに来るまで他のスタッフや生徒とは別の場所で監視できます。 学生が教室にいる間に医学的苦情を持っている場合、スタッフは電話でヘルスクリニックに連絡して推奨事項と電話による評価を求めます。 学生が病気の兆候を示している場合、彼らはによって護衛されます APS 隔離室のスタッフと監視 APS ピックアップまでの学校職員

学校クリニック
ヘルスクリニックにはスクールヘルススタッフが常駐し、学生に次のサービスを提供します:投薬管理、怪我の評価と応急処置、慢性状態(糖尿病や発作など)のケア、およびスケジュールされた評価(聴覚や視覚など) 。 すべてのクリニック訪問は、学校保健スタッフと教師の間で調整されます/APS 学生到着前のスタッフ。 曝露と感染のリスクを減らすために、緊急時を除いて、持ち込み訪問は受け入れられません。 切り傷や引っかき傷などの軽度の病気は、不必要な曝露のリスクを減らすために、ヘルスクリニックからの電話サポートで教室でケアされます。

学校保健プログラムとCOVID-19の詳細については、次のWebサイトをご覧ください。 学校保健のウェブサイト.


自宅での病気

Daily Symptom Screenerは、保護者の計画を支援し、病気の場合に生徒が学校に来ないようにすることを目的としています。 スクリーナーに発熱やその他の病気の兆候が見られる生徒は、直接学校に通うべきではありません。 保護者は学校に連絡し、子供の欠席の理由を報告し、以下に概説する特定の手順に従う必要があります。また、子供が帰国するために学校保健局から通知されます。


COVIDまたはCOVIDのような病気の後に学校に戻る

家族は、から除外レターの形で書面によるガイダンスを受け取ります APS 学生が対面学習に戻るために必要なクリアランスについて。 これは、CDCおよびVDHからの現在の推奨事項と、SchoolHealthからの入力に基づいています。 家族は、症状やその他の個々の要因が帰国のタイムラインにどのように影響するかについてさらに明確にするために、学校の保健スタッフに連絡することができます。

COVID-19の人との接触が知られていない、COVIDのような病気の兆候を示している生徒は、次の場合に学校に戻ることができます。 

  • 医療提供者は学生を見て、COVID-19以外の症状の理由を文書化し、学校に戻るための許可の文書化された文書を提供しました。
  • A PCR COVID-19検査の結果を受け取り、学校に提出しました。生徒は、解熱剤を使用せずに少なくとも24時間症状がありませんでした。
  • プロバイダーに会わない、または既知の状態の代替クリアランスのCOVID-19テストを受けない症状のある学生は、自宅で隔離し、症状の開始から10日後に学校に戻るためにクリアされ、発熱なしで少なくとも24時間症状がなくなります。 -薬を減らす

曝露が確認された学生(Covid-19の可能性のあるまたは確認された人との「密接な接触」): (曝露とは、COVID-6感染が確認または疑われる人から19フィート以内で、15時間の累積期間が24分以上の接触と定義されます)

  • 密接に接触している学生は自宅で隔離する必要があり、陽性または疑わしいCOVID-14症例への最後の曝露から19日間除外されます
  • 短縮されたCDC検疫の推奨事項(7日または10日)に従って学生がアクティブモニタリングから除外された場合でも、 APS 完全な検疫と隔離に関するCDCの推奨に基づいて、対面での学習と活動は14日間継続されます。
  • 家庭での継続的な曝露の場合、COVID-19陽性の個人が感染期間を終了するまで、学生の検疫期間は開始されません。
  • 暴露された生徒が検疫期間中に症状を発症した場合、それらは陽性の疑いのある症例として扱われ、医療提供者にさらなる検査と評価を求め、学校の診療所に通知する必要があります。

教室での対応

個別または単一の教室のCOVIDケース  

教室でのCOVIDの確認された症例が14つあると、教室は発症日から最大XNUMX日間のフルタイムの遠隔教育に移行します。 APS この間、コンタクトトレーシングプロセスを開始します。 学校のスタッフ、学生、および交通機関のスタッフや関連するサービスプロバイダーなど、 APS/ Qualtricsは遠隔教育または在宅勤務に移行します。 これらの個人はから通知を受け取ります APS 仮想への移行に関して。 その教室の生徒のスタッフと家族にも、 APS 彼らの学生が疑わしいまたは陽性のCOVID-19症例と密接に接触していたこと。 コンタクトトレーシングが終了し、清掃と消毒が行われると、学生とスタッフはによって通知されます APS 彼らがいつ対面学習に戻るかについて。

複数のケース 

APS ACPHDと緊密に連携して、コンタクトトレーシングに基づいて学校全体をフルタイムの遠隔教育に移行する必要があるかどうかを判断します。 コミュニティは発生の即時の連絡を受け取り、複数の関連する症例があると判断された場合、すべての学生は一定期間遠隔教育に移行します。 からのフォローアップコミュニケーション APS 対面学習が再開される可能性がある場合は、スタッフとコミュニティに出向きます。

スタッフの健康と安全および能力の監視 

学校での広範囲にわたる病気は、私たちの運営を維持する能力に影響を与えます。 APS 支援を求めることができる代理人のプールがあります。 ただし、COVID-19の症状のために職場に報告できないスタッフの数が多い場合、またはコンタクトトレーシングの結果として検疫に指示された場合、学校は一時的に対面での指導を一定期間提供できない場合があります。 。 これが発生すると、 APS 遠隔教育への移行の必要性について、できるだけ早く家族と連絡を取ります。


COVID-19テスト

APSは、アーリントン郡政府と協力して、CLIAラボであるResourcePathとの関係を確立し、学校やオフィスでの症候性COVID-19検査を実施しています。  詳しくは