レベル1対面指導への移行

レベル1の障害を持つ学生 4月2日から対面支援のために学校に通っている人は、以下のスケジュールに従って、レベル3とXNUMXの生徒の帰国とともに対面指導への移行を開始します。

返却日

レベル1グループ

障害を持つ追加の学生

March 2

  • K-2以前の成績 4日間の対面への移行 命令
  • (3年生から12年生は引き続き対面で受けます サポート)
  • 小学校の郡全体の特殊教育プログラムの生徒は4日間戻ります(ミニMIPA、MIPA、ライフスキル、コミュニケーション、聴覚障害者/難聴)
  • ハイブリッド/対面モデルのインタールードプログラムグレードK-5リターン

March 9

  • グレード3-5 4日間の対面への移行 命令
  • グレード6および9 4日間の対面への移行 命令
  • (7-8年生と10-12年生は引き続き対面で受けます サポート)
  • 郡全体の特殊教育プログラムの生徒が4日間戻ってきます(MIPA、ライフスキル、ユーニスケネディシュライバープログラム、聴覚障害者/難聴者)
  • 間奏およびPEPプログラムのグレード6〜12が並行モデルに戻る

March 16

  • 7〜8年生、10〜12年生 4日間の対面への移行 命令