在宅指導

医療上の理由で学校に通えない生徒には在宅サービスが提供されます。 詳細については、 教育委員会方針25-4.2.

世界 APS ホームバウンド指導のマニュアルは、保護者、医師、学校スタッフ、ホームバウンド教師向けのリソースです。 マニュアルにアクセスして、よくある質問への回答と、在宅指導の申請プロセスに関するガイダンスを見つけてください。

在宅指導マニュアル

ホームバウンドインストラクションの申請プロセスは、学生の医師と協力して必要性の診断書を完成させる親/保護者から始まります。 次に、保護者/後見人は、1ページと2ページが完成したアプリケーションを学校に提供します。 学校は3ページを完成させ、完成した申請書全体を特別プログラム事務局に転送して検討および検討する必要があります。

学校は、ホームバウンド申請書のコピーを学校の生徒のファイルに保持し、指定されたケースキャリアに申請書のコピーを渡す必要があります。

英語申請書行き方指導

スペイン語アプリケーションの自国語指導