よくある質問

子供に障害があるのではないかと思います。 私は何をすべきか?

障害が疑われる子供の知識を持っている人は誰でも、懸念について話し合うために子供を学生研究委員会(SSC)に紹介することができます。 学齢期の生徒の場合、子供の学問的、社会的、および/または感情的な発達を心配している親は、子供の先生と話すことをお勧めします。 障害が疑われ、懸念事項について話し合ったり、特殊教育の評価を要求したりするために子供を学生研究委員会の会議に紹介したい親は、子供たちの教師と書面で要求を共有し、 SSC紹介フォーム。 小学生の場合は、校長または教頭とコピーを共有する必要があります。 中学生と高校生の場合は、コピーを学生のカウンセラーとカウンセリングディレクターと共有する必要があります。

*学生研究委員会の詳細をご覧ください。

アーリントン公立学校の生徒ではないXNUMX歳からXNUMX歳までの子供を紹介するには、アーリントン公立学校にお問い合わせください 子ども探しオフィス。 (*その学年のサービスを受けるには、その学年の30月XNUMX日までに子供がXNUMX歳である必要があります。)発達遅滞が疑われる乳児および幼児は、 アーリントン親幼児教育(PIE)プログラム.


私の子供について質問があり、誰に連絡すればよいかわかりません。 誰に電話すればいいですか?

質問に対処し、懸念を解決するために協力して、可能な場合は常に、子供の先生、ケースキャリア、または関連するサービスプロバイダー(懸念が関連サービスに関係している場合). 以下のチャートは、推奨される通信シーケンスを示しています。 親リソースセンター(703.228.7239)までお気軽にお問い合わせください。 prc@aps私たちが助けになるかもしれないならva.us。
PreKおよび基本通信のフローチャート
二次通信のフローチャート(中高校)
PreKおよび基本フローチャート画像二次通信のフローチャート画像