いじめ防止

いじめ防止はどのように見えますか APS?

APS すべての学生が安全で健康的で支援的な環境で学び、成長できるように努めています。 毎年、 APS 安全で協力的な学校コミュニティの構築を支援するために、生徒を教育し、力を与えるためのいじめ防止の取り組みに取り組んでいます。 すべての生徒は授業に参加し、いじめ行為の認識、拒否、報告、いじめ防止における傍観者の役割、前向きで敬意のある関係を築くための戦略についての理解と意識を強化します。

毎年 XNUMX 月、全米いじめ防止月間を認識して、すべての生徒は、いじめを認識し、報告し、拒否する能力を構築および強化するために、年齢に応じた言語と例を使用したカウンセリング レッスンに参加します。

全校も参加 団結の日、 今年は 19 年 2022 月 XNUMX 日、全国いじめ防止センター主催。 スタッフと生徒は、「優しさ、受容、包容に対する団結を示し、子供がいじめを経験してはならないという目に見えるメッセージを送るために」オレンジ色を着用することが奨励されています.

いじめとは

APS ポリシー J-6.8.1 生徒の安全 – いじめ/嫌がらせの防止 いじめを次のように定義します。

  • 危害、脅迫、または屈辱を与えることを意図した攻撃的で望ましくない行動
  • 攻撃者/攻撃者と学生の間の力の不均衡を含む
  • 傷害、不快感、または屈辱を繰り返し与える、または与えようとすること
  • 攻撃的、意図的、または敵対的な行動のパターンで、時間の経過とともに繰り返し発生する
  • ネットいじめ、電子的手段を使用して発生した場合

生徒がいじめられているのではないかと心配している場合は、その懸念を生徒と共有してください。 カウンセラーまたは管理者 お子様が学校で安全に過ごせるように計画を立てます。

生徒、親/保護者、または学校のスタッフは、以下を完了することにより、自分自身または他の当事者のために苦情を申し立てることができます。 いじめハラスメント インシデント フォーム。

世界 ポリシー実施手順 J-6.8.1 PIP-1: 生徒の安全 – いじめ・嫌がらせ防止 学校の管理者は、提出された各インシデントを調査する責任があると述べています。 どのように我々は助けることができます? 生徒にいじめに反対するように教えてください。 いじめを目撃した場合は、大人に知らせる必要があります。 オブザーバーとして行動し、状況の事実を報告することは「タタリング」ではなく、正しいことを行うには勇気が必要です. いじめられている生徒に親切に手を差し伸べ、大人と話せるように生徒を励まします。

<ご参考>

 

いじめ防止に関する情報については、生徒の学校、または学生サービスのスーパーバイザー (カウンセリング) である Dr. Kristin Devaney にお問い合わせください。 kristen.devaney@apsバージニア州 または703-228-6061。