いじめ防止

APS teaches bullying prevention to all K-8 students using our evidence-based curriculum, Second Step.エビデンスに基づくカリキュラムであるセカンドステップを使用して、すべてのK-XNUMX生徒にいじめの防止を教えています。 The Committee for Children produced the Second Step curriculum and offers additional resources for families at the following link:子供委員会は第XNUMX段階のカリキュラムを作成し、次のリンクで家族向けの追加リソースを提供しています。 児童いじめ委員会

子ども全体といじめ防止

いじめをやめるのを手伝ってください:認識し、報告し、拒否します<ご参考>


いじめとは

アーリントン公立学校は、人種、出身国、信条、肌の色、宗教、祖先、性別、年齢、性的指向、性同一性と表現、または障害などの実際のまたは認識された特性に基づくいじめ/嫌がらせを含む、いじめ/嫌がらせを次のように定義しています。 XNUMX人または複数の生徒による、生徒に対する嫌がらせ、不快感、または屈辱の繰り返しのいじめまたはいじめの試み。 これは、攻撃的、意図的、または敵対的な行動のパターンであり、時間の経過とともに繰り返し発生します。

いじめ/嫌がらせは通常、力や強さの不均衡を伴います。 いじめ/ハラスメントの行動には、身体的、言葉による、または非言語的な行動が含まれる場合があります。 これらの行動には、脅迫、暴行、恐喝、口頭または書面による脅迫、からかい、名誉毀損、脅迫的な見た目、身振りまたは行動、噂の拡散、虚偽の告発、いじめ、社会的孤立、虐待的な電子メールが含まれますが、これらに限定されません。 、電話、またはその他の形態のサイバーいじめ。 「ネットいじめ」という用語は、テキスト、写真、ビデオ、またはその他のメディアがコンピューターやインターネットにアップロードされて、他人を中傷、侮辱、嫌がらせ、または霞む場合に使用されます。


あなたの子供がいじめられているかどうかを見分ける方法は?

お子さんが悲しみ、不安、引きこもり、または学校や特定の状況を回避するための行動をとった場合、何らかの形のいじめを経験している可能性があります。 また、原因不明の打撲傷や怪我、衣服の破れ、金銭や所有物の「喪失」が見られる場合もあります。 睡眠障害、食欲不振、またはその他の身体的愁訴は、被害の兆候である可能性があります。


これらの兆候が見られたらどうしますか?

あなたの子供と話してください。 落ち着いて、合理的で、受け入れてください。 彼らに彼らの全体の話をさせてください。 注意深く耳を傾け、詳細を収集して整理してみてください。 会話を始めるために、自由形式または間接的な質問をすることが役立つ場合があります。「誰とランチを食べるのが好きですか。 一緒にバスに座っていますか? 一緒に学校に歩いて? 」「他の子供を選ぶ子供を知っていますか? 何が起こるのですか?" 何が起こったのかあなたの子供を責めないでください。

あなたの子供と可能な戦略を問題解決; たとえば、対立する状況を回避したり、戦略を拡散したり、スキルを交渉したり、「いじめっ子」に断念するよう断定的に指示したりします。 子供が学校で安全でないと感じた場合は、常に教師またはカウンセラーに伝えるように子供に勧めます。

あなたの懸念をあなたの子供の先生またはカウンセラーと共有してください。 お子さんと他の生徒との関係について質問してください。 他のスタッフ(音楽、体育など)にチェックインして、いじめに気づいたかどうかを教師に確認してもらいます。 あなたがあなたの子供をサポートするためにそこにいることを彼らに知らせてください。 学校のスタッフと協力して、子供が学校で安心できるようにするための計画を立てます。 数週間以内にフォローアップして、状況を確認します。

いじめ嫌がらせ事件フォーム
このフォームは、教育委員会のポリシーJ-6.8.1およびPIP「生徒の安全-いじめ/ハラスメント防止」をサポートしています。 学校のスタッフが、生徒や保護者から報告されたいじめの事件をフォローアップするために使用します。


あなたの子供が他人をいじめに従事している場合はどうなりますか?

彼らの行動に対する責任を受け入れるように彼らに教える。 彼らが離れて彼らの行動を説明することを許可しないでください。
このような行動は容認できないことを伝えます。 制限を設定し、一貫した結果でそれらを強制します。 代わりの行動を教える。

他の人の気持ちを理解するのに役立ちます。 地域奉仕プロジェクトなどの活動が役立つ場合があります。

スクールカウンセラーに援助を求めてください。 時間の経過とともに行動を変化させる現実的な目標を設定します。


誰もが助けることができます!

いじめに抗議するように子供に教える。 あなたの子供がいじめの事件を観察した場合、彼らは大人に通知する必要があります。 良い観察者であり、状況の事実を報告することが重要です。 これは「タッティング」ではありません。

正しいことをするには勇気が必要です。 いじめの被害者に親切に手を差し伸べるように子供を励ます。 あなたの子供は被害者が大人と話すのを手伝うことができます。

お子様の安全を強調してください。 あなたの子供が安全だと感じたなら、「やめろ! そんなのシャレにならないよ!" いじめっ子に立ち向かうのではなく、大人の助けを求めてもかまいません。 いじめても大丈夫!

詳細については、スクールカウンセラーまたは子供の学校の校長にお問い合わせください。 学生サービス局703-228-6062または行政サービス局703-228-6008に電話することもできます。