セクション504

504年のリハビリテーション法のセクション1973


セクション504の目的

セクション504は、米国教育省から連邦財政援助を受けるプログラムおよび活動における障害者の権利を保護するために設計された連邦法です。 具体的には、第504条は、障害のある資格のある個人は、その障害のみを理由として、連邦資金を受け取るプログラムまたは活動への参加から除外されたり、その恩恵を拒否されたり、差別を受けたりしてはならないことを示しています。


定義

第504条に基づく障害のある適格な個人の定義は、特殊教育として知られているものを対象とする障害のある個人の教育改善法よりも広い人口を対象としています。 第504条に基づく資格のある個人とは、(1)2つ以上の主要な生活活動を大幅に制限する身体的または精神的障害がある、(3)そのような障害の記録がある、または(XNUMX)そのような障害があると見なされる人のことです。障害。

  1. 「身体的または精神的障害」とは、(a)次の身体システムのXNUMXつまたは複数に影響を与える生理学的障害または状態、美容上の変形または解剖学的喪失を意味します:神経、筋骨格、特殊感覚器官、言語器官を含む呼吸器、心臓血管、生殖、消化、泌尿生殖器、血性およびリンパ性皮膚、内分泌、または(b)知的障害、器質的脳症候群、感情的または精神的疾患、特定の学習障害、注意障害、気分障害または学習障害などの精神的または心理的障害(このリストは網羅的ではありません)。
  2. 「そのような障害の記録がある」とは、XNUMXつまたは複数の主要な生活活動を実質的に制限する精神的または身体的障害の病歴があるか、またはあると誤分類されていることを意味します。
  3. 「障害があるとみなされる」とは、(a)主要な生活活動を実質的に制限しないが、そのような制限を構成するものとして受領者によって扱われる身体的または精神的障害があること、(b)実質的に制限する身体的または精神的障害があることを意味しますそのような障害に対する他者の態度の結果としてのみの主要な生活活動。 または(c)上記のセクションXNUMXで定義された障害がないが、受信者によってそのような障害があるものとして扱われる。

「主な生活活動」には、自分の世話をする、手作業を行う、見る、聞く、食べる、寝る、歩く、立つ、持ち上げる、曲げる、話す、呼吸する、学ぶ、読む、集中する、考える、コミュニケーションする、働くなどの機能が含まれます。 (このリストは網羅的ではありません)。


ドキュメントとリソース:

セクション504の詳細については、 学生サポートコーディネーター お子様の学校またはコンプライアンスオフィサーのDr.Laura Newton(703-228-6061)に割り当てられています


セクション504コーディネーターの割り当て

ジェニファー・ラムディン

  カレンライヒ  
ヨークタウン ワシントンリバティ
アーリントンキャリアセンター/アーリントンテック