ライダー規制

学生/乗客の安全基準

スクールバスは学校の延長と見なされ、学校の規則もバスに適用されます。 バスには、輸送中の安全を確保するための追加の規則もあります。

バスに会って乗る

学生は:

  • 適切な権限によって免除されている場合を除き、割り当てられたバスのみに乗ってください。
  • 時間内に着く。 バスがバス停に到着する予定時刻の少なくとも10分前に到着します。
  • 通りに近づかないでください。
  • バス停で待機している間、自分やその仲間を危険にさらすような活動に従事しないでください。
  • 整然とバスに乗ります。
  • 両親はバス停で幼児を監視し、監督する必要があります。 バス停の場所との間で、親または被指名人が子供に同行することを強くお勧めします。
  • 常にバスの前の通りを渡ってください。 ドライバーに手を振って、あなたが交差しているのが見えることを確認します。

バスでの行動

スクールバスに乗る生徒は、次のことを認識して観察する必要があります。

  • 運転手/係員はバスの権威です
  • マスクをつけたままにします。
  • バス停で降りる目的を除いて、運転手から指示があるまで前を向いて座ったままにします。
  • 運転手/アテンダントは座席を割り当てる権限があります
  • ドライバー/アテンダントと協力する
  • バスに乗っているときに教室の行動を観察する
  • 礼儀正しく、冒とく的な言葉を使用しない
  • バスで飲食しないでください
  • バスを清潔に保つ
  • 喫煙したり、吸ったりしないでください
  • バスや機器を損傷しないでください
  • バスの中に頭、手、足を入れてください
  • 戦ったり、押したり、突き刺したりしないでください
  • バスにペットを連れてこないでください
  • 可燃性の液体、生きている動物、鳥、爆発物、酸、およびその他の危険な物品や武器を持ち運ばないでください。
  • 座席を減らしたり通路を塞いだりするような大きなものをバスに持ち込まないでください
  • バスの運転手からの指示がない限り、非常口を塞いだり、非常口/出口からバスを出たりしないでください。
  • 緊急時に人の安全を守るために必要な場合を除いて、窓から登ったり、出口を出たり、バスの窓から体の一部を伸ばしたりしないでください。
  • バスの中やバスの窓から物を投げないでください
  • バスの窓の外で音を立てないでください
  • バスの窓からわいせつまたは不適切なジェスチャーをしないでください

監視付きバス旅行

上記のルールは、学校が主催する監視付きバス旅行(フィールドトリップやスポーツやその他のコンテストなど)に適用されます。