よくある質問–カウンセラー

バーチャル@APS K-12仮想学習プログラムとは異なります。 VLPサイトにアクセスしてください そのプログラムの詳細については。


通常の7期間を超えて、および/または外でクラス(仮想または通常)を受講するための承認 APS

 

学生は、通常の学年度(7月からXNUMX月)の通常のXNUMX期間を超えてコースを受講する許可をどのように取得しますか?
学生のスクールカウンセラーは、「オンラインコースリクエストフォーム」を使用してリクエストを提出する必要があります。 提出されると、リクエストは中等教育局に審査のために送られます。

通常の学校の日に加えて、学生から学生がコースを受講できるようにするために、通常どのような理由が受け入れられますか?

  1. シニアは、卒業要件を満たすために追加のコースが必要です。
  2. 先輩は卒業に必要な他のコースと競合しています。
  3. 学生は、学生のホームスクールでは利用できないコースを必要としています。

別の理由の学生がいる場合はどうなりますか?
中等教育局は、すべてのリクエストを喜んで検討します。 「オンラインコースリクエストフォーム」に記入し、理由を記入してください。

学生の家族は仮想コースの費用を支払う必要がありますか?
アーリントン公立学校に在籍する学生は、オンラインで指定されたコースの料金は請求されません。 アーリントン公立学校研究プログラム。 さらに、アーリントン公立学校は、研究プログラムにリストされている卒業に必要なコースが次の場合に支払いの責任を負います。

  1. 登録数が少ないため利用できません。
  2. 学生は、検証可能なスケジュールの難しさのために、従来の設定に登録することができません。
  3. 学生研究チームが、オンラインコースワークに登録することで学生に最も役立つと判断し、文書化したとき。

コースに合格したが、実質的に高学年のためにそのコースを再受講したい学生には、支払いが必要です。 さらに、家族は通常、学習プログラムにリストされていない仮想コースに関連するすべての費用を支払う必要があります。

学生がまだ承認されていない特定のベンダーでコースを受講したい場合はどうなりますか?
親または保護者は、事前承認プロセスの一環として、コースの内容に関連するサポートドキュメントを外部ベンダーに提供する責任があります。 シラバスとペーシングガイドまたはスコープとシーケンスは、受け入れ可能なサポートドキュメントです。 これらの文書には、コースレベルがクレジットが要求されているレベルと同じであることを明確に記載する必要があります。 たとえば、リクエストに「レベルII」と記載されている場合、コースの説明には、そのコースが高校のレベルIIコースと同等であると記載する必要があります。 その後、ドキュメントはコンテンツエリアスーパーバイザーによってレビューされ、レビューの結果を示す手紙がスクールカウンセラーと家族に送信されます。

リクエストが承認されたかどうかはどうすればわかりますか?
スクールカウンセラーは決定の電子メールを受け取ります。追加情報が必要な場合は、中等教育局がスクールカウンセラーに直接連絡します。

夏の仮想/オンラインコース

学生は夏にコースを受講するために許可を得る必要がありますか?

はい。 学生が仮想/オンラインサマーコースを高校の成績証明書に含めることを希望する場合は、事前の許可が必要です。 スクールカウンセラーは「オンラインコースリクエストフォーム」に記入する必要があります。

学生はどのようにして仮想/オンラインサマーコースに登録されますか?

承認されたサマーコースリクエストの登録は、次のオンラインプロバイダーの中等教育局によって処理されます。

  1. バーチャル@APS (通年および春学期のセッション)
  2. バーチャルバージニア(通年、秋ブロック、春ブロック、夏ブロックのセッション)。
  3. Edgenuity(オープン登録登録)
  4. EdOptions / Edmentum(オープン登録登録)

上記のXNUMXつのプロバイダーを除いて、ほとんどのオンラインプロバイダーは親の登録を許可しています。

学生の家族は仮想コースの費用を支払う必要がありますか?
夏の間に受講したコースの支払いは、保護者の責任です。 これには、コースに必要な教科書や資料が含まれます。