女性の歴史月間

WomensHistory2022コピー女性史月間は、女性が歴史、文化、社会に対して行った多くの成果と貢献に焦点を当てています。

世界 全米女性史月間同盟 女性史月間の毎年恒例のテーマがあります。 2022年のテーマは「癒しを提供し、希望を促進する女性」です。これは、困難な時期、特にCOVID-19のパンデミックの際に、希望と癒しを提供してきたすべての文化と背景の女性を祝うものです。

今年のアーリントン公立学校(APS)女性が所有する地元企業を祝うことを決定しました。 これらの事業主は、このページ、およびすべての APS ソーシャルメディアプラットフォーム。 APS アーリントンコミュニティへの献身と献身に対してこれらの女性を表彰する機会を持てたことを光栄に思います。 XNUMXか月を通して注目の女性をチェックしてください。 を使用してソーシャルメディアに参加する #APS女性の歴史


雑学クイズ#4:


女性史月間アレッサンドラ・ハシェミ
創設者、Good Sweat

ビジネスでキャリアを積む女性にどのようなアドバイスをしますか? 「すべてを手に入れたい」という女性にとって、この対立は常にあります。 一度に全部ではなく、全部手に入れることができると思います。 あなたの人生のさまざまな季節は、さまざまな優先順位を必要とします。 したがって、ビジネスでのキャリアを追求している場合は、犠牲を払う準備をしてください。 そして、失敗を前向きなリダイレクトと見なし始めます。 失敗はあなたが試みたしるしであり、恐れを知らない努力が最も重要なことです。

パンデミックの際にどのような課題を克服しましたか? パンデミック全体の課題は常に変化し、執拗になっています。 2020年の夏の最初の課題は、安全と誠実さを優先してどのように再開するかでした。 パンデミックはほとんどの企業で真の色を示しており、消費者は注目を集めています。 そのため、私たちの焦点は、クライアントのフィードバックを収集し、科学に従い、快適なレベルでライダーに会うためにポリシーを継続的に変更することにあります。 私たちは、屋外での乗り物からマスキングポリシーまで、数え切れないほどの課題を抱えてきました。 私たちはXNUMX年以上外に出ることができたのは非常に幸運でした。なぜなら、そのオプションがなければ、まったく新しいビジネスとして事業を行うことができなかったからです。 これらの課題を克服することは、私たちの素晴らしいスタッフと彼らの労働倫理、そして柔軟であることへの意欲のおかげで可能でした。 地元の小さなビジネスとして、ストリングチームがあれば、迅速なピボットを行うことができます。

あなたのビジネスについて教えてください。 アーリントンのロスリン地区に位置するGoodSweatは、他の人の生活を向上させながら、人生で最高の汗を流すことを目的とした屋内サイクリングスタジオです。 私たちは、理由からベストオブNoVAとベストオブアーリントンに選ばれました。私たちはすべての人、特に挑戦的でエネルギッシュでコミュニティ主導の社会的意識の高い方法を切望する人々のためのコミュニティです。

 


食べる、飲む、ヨガErin T. Sonn、M.Ed.、ERYT、YACEP
オーナー、eat.YOGA.drink.®、LLC。
ビジネスでキャリアを積む女性にどのようなアドバイスをしますか? まず、時間をかけて自分の意図に飛び込み、それが本物で刺激的なものであると感じられるようにします。 何に熱中しているの? あなたがそれに没頭しているとき、あなたが属している場所のように正確に感じるものは何ですか? 追求または開発したいものを特定したら、他の人にルールを書かせないでください。 あなたがあなたが望むようにあなたのビジネスを形作るまで続けてください。 そして、あなたが提供する価値のあるものを持っていることを知っているので、あなたの価値を過小評価しないでください。 何か問題に直面した場合でも、目的に対する自信を失ってはいけません。 歩き続けてください! そして、楽しんでいることを確認してください!

パンデミックの際にどのような課題を克服しましたか? さて、私がヨガを教えていたすべての物理的なスペースが閉鎖されたので、私はグループクラスと個人のクライアントのためのオンライン指導に軸足を移さなければなりませんでした。 テクノロジーを学ぶことは、仮想プラットフォームを介して学生とつながる方法を学ぶことほど難しいことではありませんでした。 幸いなことに、人々はセルフケアとストレス解消に必死だったので、私のオンラインクラスへの参加は比較的堅調でした。 私はまた、パンデミックからいくつかの新しいプライベートクライアントを獲得しました。

あなたのビジネスについて教えてください。  私はヨガとマインドフルネスを教えています。 私がeat.YOGA.drinkを始めたとき、2016年に、私は練習をアクセスしやすく、手頃な価格で、楽しくする方法として、主に非伝統的なスペース(たとえば、通常のヨガスタジオではない)で教えていました。 私は今でも楽しい場所でいくつかのクラスを教えていますが、私のビジネスは、個人的なウェルネスの目標に取り組みたい個人のクライアントとともに、教育者や企業向けのマインドフルネスワークショップを含むように進化しました。 「仕事」での毎日は少し違います、それは楽しいです。 そして、私は自分の仕事が大好きなので、「仕事」のように感じることは決してありません。